危険な香りのする副業の誘い

今日、営業先から会社に戻るまでにYahooでこんな記事を読みました

副業容認、就業規則例を見直しへ 厚労省

要約すると厚生労働省は会社員の副業による収入アップを支援するから、企業も副業NGなどの就業規則の見直しを図るように!と方針を打ち出しているようです

これから超高齢化社会に向かって、納税する層の労働力が減って年金などを受け取る人がどんどん増えていくのだから、少ないパイで少しでも納める税金を増やしてもらうためには賃上げだけでなく個々の能力で稼げる人には徹底的に稼いでもらおうってことですよね?

これからしばらくは劇的に景気が良くなって会社員の年収がどーんと増えるっていう明るい見込みはないと思います

それなら個人のそれぞれの能力を伸ばしてパラレルキャリアで色んなところからでいいから収入を増やしてよ、と

でも副業って一言で言っても簡単じゃないと思うのです

毎日Instagramでは「スマホ一台で簡単に稼ぎませんか?」「無料で稼ぐコツ、教えます」「毎日○○万円の入金が!」みたいな方のポストを拝見しますが、怪しいな〜と思ってしまう

(念のためネットで検索すると、バイナリーオプションとかカジノ系のネズミ講っぽいのとかたくさん出てきます。そういうのをやりたいわけじゃない!のです)

あと、外回りの仕事なのでお客さんに実はね、いい儲け話があって。。。と言われてネズミ講っぽい話をされたりとかもするので本当にこりごりです

(アムウ○イさんとかね、本当に二人掛かりで説得されるんですね。。。本当に関わりたくないです!)

ただし、妻は今の仕事が活きてるのか、ちょこちょこ内職で収入を得ることができています

ランサーズとか、クラウドワークスとかでライティングの仕事を受注したり

主婦でも日常生活で意識してればネット上でできる案件が色々あるので登録だけでもおすすめです

女性は情報感度が高いので在宅ワークでも話題のものとかに関してはライティングやチェックができますね

月に1万円くらいになることもあって、地味に嬉しい

産後すぐの専業主婦時代には時間があったのでアンケートサイトやポイントサイトで収入につなげることができていましたが、働き出した今は時間をかけてまでは厳しいです

ネットが盛んだからこそ、個人対個人でのニーズが増えてくる部分もあると思うので、企業人としてだけでなく「対個人」として人の役に立てるスキルを磨くのがこれからの時代必要になってくるのかな、と思っています

失敗ばかりしてるので、それを笑ってもらって同じ失敗をしないように!と反面教師にしてもらえるような感じになると思いますが。笑

ダメダメな共働きの家計簿、お読みいただきありがとうございます

恥ずかしながら、共働きなのに貯められない

家計簿アプリzaimを使ってまずはお金の流れを把握したい
更新の励みになりますので、よければ応援お願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ



スポンサーリンク